レディー

いつまでも美しさを保つために|30代におすすめの基礎化粧品とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングサインに先手を

コスメ

「25歳はお肌の曲がり角」と言われていましたが、スキンケアの品質が向上した今では、実際に実感するのは30代に入ってからと多いとされます。それまで使用してきた基礎化粧品が今ひとつ物足りなく感じたり、肌の透明感が薄れくすみが見え始めたり、シミやソバカスが増えてきた等、ここにきて今までになかった肌の悩みを訴える声が多くなるのです。実は、これは女性ホルモンの分泌の減少が原因と考えられます。肌の美しさは女性ホルモンのエストロゲンが司っていますが、その分泌のピークは20代半ば頃で、以後は徐々に低下していき閉経以降にはその量はわずかとなってしまうのです。しかしまだ始まったばかりの肌の衰えは、ケアの見直すことで充分くい止めることは可能です。まずは、毎日使用する基礎化粧品を30代の肌に合ったものに替えることが推奨されます。30代の肌の特徴を知り、そして悩みに対応した基礎化粧品を選ぶことが大切です。

30代の肌は、20代の頃に比べて明らかに水分不足となっています。これは、先にあげたエストロゲンの減少の影響です。このため肌の水分保持力が低下し、乾燥しやすいという特徴をもつのです。肌が乾燥すると、ホコリや紫外線といった外部から刺激をくい止める「バリア機能」が弱まり、肌の奥の真皮までダメージを受けてしまうことから、あらゆるトラブルを起こしてしまいます。これが肌の悩みとつながってしまうのです。そこで、30代が選ぶべき基礎化粧品はまず保湿効果の高いものがおすすめです。水分保持力が高いとされるセラミドやヒアルロン酸等が配合されたものが有効とされています。また、シミやくすみ、毛穴が目立つ、たるみが見える等の肌の衰えの対策には、ビタミンc誘導体が配合されたものが効果的です。ビタミンc誘導体は美白効果が高いことで知られていますが、この他に真皮にあるコラーゲンを強化するという効果も期待できるのです。コラーゲンを強化することで、たるみや毛穴等の改善が期待できることから、ビタミンc誘導体は30代のエイジングケアには欠かせない成分といえるでしょう。

目元のケアと美容アイテム

美容クリーム

まつげエクステのグルーによって負担がかかってしまう目元、時にはこれが原因となりしわやたるみが引き起こされることもあります。こうした症状には保湿成分が豊富に配合されたメディプラスゲルを活用することで対処することが可能です。

Read

一本でトータルスキンケア

クリーム

オールインワンゲルを使えば面倒なお肌のケア等が楽になります。またオールインワンゲルはその化粧水一本でお肌のトータルスキンケアが可能です。どの化粧品でも言えることですが、人によってお肌に合わない事もあるので、その場合は別の商品を探す必要があります。

Read

代謝をよくして美肌促進

ソープ

ピーリング石鹸は自宅で手軽で穏やかにピーリング効果を得られる石鹸です。石鹸に含まれている酸で古い角質を除去し、新陳代謝を高め、お肌を正常な状態に導きます。くすみやざらつき、ニキビ跡の改善などに効果があります。酸による刺激があるので、まずは低刺激なものから始め、自分にあったものを選びましょう。

Read